公務員のボーナス

公務員のボーナス計算式|元市職員が「正確な」計算式を解説します。

こんにちは、ちゃーりーです。

いつも本サイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今回の想定読者は下記のとおりです。

現役公務員
現役公務員
公務員のボーナス計算式を教えてください・・・。他サイトは簡易版ばかりなので、正確な計算式を探しています・・・。

こういった疑問にお答えします。

他サイトを見ると、親しみやすさを意識してか、簡易版の計算式が紹介されているケースがほとんどです。しかし、真面目な公務員の方は、正確な計算式も知りたいはず。かくいう私もそうでした。なので、正確な計算式には需要があるかなぁと。

この記事を書いてる私は元市職員なので、公務員のボーナス計算式については、詳しく説明できる自負があります。

一次情報を知りたい方のために、根拠法令も紹介しますので、関心のある方はぜひご一読くださいませ。

公務員のボーナスの構成

公務員のボーナスは、下記の手当によって構成されます。

期末手当勤務状況に応じて支給される手当。
勤勉手当成績に応じて支給される手当。

両者は計算式が違うので、正確にボーナスの額を求める場合は、各手当の支給額を個別に計算する必要があります。

ちゃーりー
ちゃーりー
一部のサイトで簡易な計算式が紹介されてますが、それはあくまでも簡易式であり、厳密な式ではありません。

公務員のボーナス計算式の団体間差異

公務員のボーナス計算式は、団体によって異なります。なぜなら、ボーナス計算式は、各団体が定める法令によって決まるからです。

国家公務員下記の法律・規則

地方公務員各団体が定める条例・規則

  • 一般職の職員の給与に関する条例、
  • 期末手当及び勤勉手当に関する規則 など

なので、公務員のボーナス計算式の確認にあたっては、団体別の計算式を確認することが必要です。

ちゃーりー
ちゃーりー
本記事では、国家公務員のボーナス計算法を徹底解説するとともに、地方公務員のボーナス計算法を確認する方法を紹介します。

地方公共団体は1700以上あり、全て紹介するのは困難なので・・・。

まずは、国家公務員のボーナス計算式から見ていきましょう。

国家公務員のボーナス計算式

結論として、国家公務員のボーナス計算式は下記のとおり。

  1. 期末手当=(期末手当基礎額)×(期別支給割合)×(在職期間別割合)
  2. 勤勉手当=(勤勉手当基礎額)×(期間率)×(成績率)
    ※上限額=(勤勉手当基礎額)+(扶養手当)+(地域手当)+(広域異動手当)+(研究員調整手当)×(期別支給割合)

上記のとおり。

順番に見ていきますね。

その①:期末手当の計算式

期末手当の計算式は下記のとおりです。

期末手当の計算式

期末手当=(期末手当基礎額)×(期別支給割合)×(在職期間別割合)

各項目について、順番に見ていきますね。

期末手当基礎額

基準日(6月1日・12月1日)現在における下記の合計額が「期末手当基礎額」になります。

  1. 俸給
  2. 専門スタッフ職調整手当
  3. 扶養手当
  4. 地域手当
  5. 広域異動手当
  6. 研究員調整手当
  7. 役職段階別加算額
  8. 管理職加算額

①〜⑥については給与明細を見ればわかるので、給与明細を見ても分からない⑦・⑧について解説します。

なお、地域手当・扶養手当については下記の記事でまとめています。詳細を知りたい方はどうぞ。

【公務員】地域手当の計算式は?全団体の支給率もまとめました。 今回は、公務員の地域手当について徹底解説していきます。 この記事を読むことで、下記を知ることができます。 公...
【根拠あり】公務員の扶養手当はいくら貰える?元市職員が解説します。 こういった疑問にお答えします。 本記事の内容は下記です。 公務員は扶養手当がもらえる 扶養手当の額は一...
役職段階別加算額

期末手当の計算にあたっては、役職も加味されます。役職段階別の加算額は下記のとおり。

(俸給+専門スタッフ職調整手当+地域手当)×(役職段階等に応じて定められた加算割合)[5~20%]

行政職俸給表(一)適用の職員における、役職段階等に応じた加算割合は、下記のとおり。

職務の級加算割合
8級以上20/100
6級・7級15/100
4級・5級10/100
3級5/100

職務の級とそれに相応する役職(勤務先別)は下記のとおり。

職務の級本府省府県単位機関
8級以上課長・室長機関の長
7級室長機関の長
6級課長補佐課長
5級課長補佐課長
4級係長課長補佐
3級係長係長

上記のとおり。

係長級以上で役職段階別加算がもらえることが分かります。

管理職加算額

役職者のうち管理職職員はさらに追加で加算が受けられます。加算額は下記のとおり。

(俸給月額)×(管理・監督の地位に応じて定められた加算割合)[10~25%]

ちゃーりー
ちゃーりー
管理・監督の地位にある職員の一覧と、その職員の区分に応じて定められた割合は、「人事院規則九―四〇第四条の四」をご参照ください。

期別支給割合

いわゆる「何ヶ月分」に該当する部分。期別支給割合は、民間企業の支給動向に応じて変動するので、毎期同じ割合になるとは限りません。

本サイトでは、令和元年度における支給割合を紹介します。

再任用職員以外
職員区分6月12月
一般職員130/100130/100
特定管理職員110/100110/100
指定職職員70/10070/100

上記のとおり。一般職員は、年間で2.6ヶ月分支給されます。

再任用職員
職員区分6月12月
一般職員72.5/10072.5/100
特定管理職員62.5/10062.5/100
指定職職員37.5/10037.5/100

上記のとおり。非再任用職員と比較すると、支給割合が約55%少ないです。

期別支給割合について、より詳しい情報を知りたい方は、今すぐ下記の記事をどうぞ。

【2020】公務員のボーナスは何ヶ月分もらえる?元市職員が解説。公務員のボーナスが何ヶ月分支給されるか知りたいですか?本記事では、国家公務員・地方公務員のボーナス支給月数を紹介するとともに、過去のボーナス支給月数について紹介します。現役公務員や公務員志望者はぜひご覧ください。...

在職期間別割合

国家公務員の期末手当は、基準日以前6ヶ月以内における在職期間によっても、支給割合が変わります。

基準日は下記のとおり。

6月1日
12月1日

国家公務員のボーナスは、年に2回支給されるので、各期に基準日が設けられています。

在職期間に応じた支給割合は、下記のとおり。

6ヶ月100/100
5ヶ月以上 6ヶ月未満80/100
3ヶ月以上 5ヶ月未満60/100
3ヶ月未満30/100

在職期間によって支給割合が最大70%変動します。

ちゃーりー
ちゃーりー
期末手当の解説は以上となります。ここで再度、期末手当の計算式を紹介します。

期末手当=(期末手当基礎額)×(期別支給割合)×(在職期間別割合)

上記のとおり。

続いて、勤勉手当の計算式を見ていきますね。

その②:勤勉手当の計算式

勤勉手当の計算式は下記のとおりです。

勤勉手当の計算式

勤勉手当=(勤勉手当基礎額)×(期間率)×(成績率)
※上限額=(勤勉手当基礎額)+(扶養手当)+(地域手当)+(広域異動手当)+(研究員調整手当)×(期別支給割合)

参考:期末手当=(期末手当基礎額)×(期別支給割合)×(在職期間別割合)

期末手当と比較すると、勤勉手当の計算式は少し難しそう・・・。しかし大丈夫。本記事では勤勉手当についても詳しく説明していきます。

順番に見ていきますね。

勤勉手当基礎額

勤勉手当にも、基礎額という概念があります。基準日(6月1日・12月1日)現在における下記の合計額が「勤勉手当基礎額」になります。

  1. 俸給
  2. 専門スタッフ職調整手当
  3. 地域手当
  4. 広域異動手当
  5. 研究員調整手当
  6. 役職段階別加算額
  7. 管理職加算額

上記のとおり。

とらねこ
とらねこ
勤勉手当の計算式には扶養手当が含まれないので、注意が必要だニャ。
ちゃーりー
ちゃーりー
役職段階別加算額・管理職加算額の計算式は、期末手当と同じだよ。

期間率

期末手当における「在職期間別割合」に相当する項目です。期末手当の「在職期間別割合」は4区分でしたが、勤勉手当の「期間率」は14区分もあります・・・。

勤務期間割合
6ヶ月100/100
5ヶ月15日以上 6ヶ月未満95/100
5ヶ月以上 5ヶ月15日未満90/100
4ヶ月15日以上 5ヶ月未満80/100
4ヶ月以上 4ヶ月15日未満70/100
3ヶ月15日以上 4ヶ月未満60/100
3ヶ月以上 3ヶ月15日未満50/100
2ヶ月15日以上 3ヶ月未満40/100
2ヶ月以上 2ヶ月15日未満30/100
1ヶ月15日以上 2ヶ月未満20/100
1ヶ月以上 1ヶ月15日未満15/100
0ヶ月15日以上 1ヶ月未満10/100
0ヶ月以上 0ヶ月15日未満5/100
0ヶ月0/100

上記のとおり。

もし年度途中で退職する場合は、「期別支給別割合」と「期間率」の割合が最大になる時期を退職日にするのがオススメです。

成績率

勤勉手当の計算にあたっては、成績率も加味されます。勤勉手当は、期間中の成績を評価するものなので、成績が悪いと支給割合が低くなります。

成績率も年度によって変化することがあるので、本記事では令和元年度における成績率と、それに応じた支給割合を紹介します。

一般職員(令和元年度)
成績区分成績率(6月)成績率(12月)
特に優秀185/100以下
112.5/100以上
195/100以下
117.5/100以上
優秀112.5/100未満
101/100以上
117.5/100以下
106/100以上
良好89.5/10094.5/100
良好でない89.5/100未満94.5/100未満

上記のとおり。

優秀以上の成績を残さないと、成績率が100/100を下回ります。

特定管理職員(令和元年度)
成績区分成績率(6月)成績率(12月)
特に優秀225/100以下
136.5/100以上
235/100以下
141.5/100以上
優秀136.5/100以下
122/100以上
141.5//100以下
127/100以上
良好109.5/100以下114.5/100
良好でない109.5/100未満114.5/100未満

上記のとおり。

特定管理職員は、成績が悪くても成績率が100/100を上回ります。

特定管理職になるだけでも優秀なので、当然といえば当然かもですね。

指定職職員(令和元年度)
成績区分成績率(6月)成績率(12月)
特に優秀
優秀195/100以下
106/100以上
(事務次官等は97.5/100)
205/100以下
111/100以上
(事務次官等は102.5/100)
良好92.5/10097.5/100
良好でない92.5/100未満97.5/100未満

上記のとおり。

ちゃーりー
ちゃーりー
ここまでが、計算式に関する解説です。

以下では、上限額を求めるのに必要な期別支給割合について見ていきます。

期別支給割合

勤勉手当の上限額の計算にあたっては、期末手当の計算式と同様、「期別支給割合」を用います。この割合は、法令で名称が明示されてなかったので、私の方で勝手に命名しました。

他サイトでは、この期別支給割合を「何ヶ月分」として紹介していますが、勤勉手当における期別支給割合は、あくまでも上限額を計算するものなので、厳密には違います。

事実、「一般職の職員の給与に関する法律」第十九条の七第二項にはそう規定されてるので、興味のある方は確認してみてください。

勤勉手当の期別支給割合に掛け算する金額は、非再任用職員と再任用職員で異なります。それについても以下で解説します。マジでややこしい・・・!

再任用職員以外(令和元年度)

非再任用職員の場合は、下記5項目の合計額に、下表の割合を掛け算した額が上限になります。

  1. 勤勉手当基礎額
  2. 扶養手当(①に含まれない)
  3. 地域手当(①に含まれる)
  4. 広域異動手当(①に含まれる)
  5. 研究員調整手当(①に含まれる)
職員区分6月12月
一般職員92.5/10097.5/100
特定管理職員?/100117.5/100
指定職職員?/100102.5/100

上記のとおり。

②〜⑤の項目には、①の勤勉手当基礎額に含まれるものもあります。その点は、あくまでも上限を決めるための指標なので、深く気にする必要はないです。気にせずダブルカウントすればオッケーです。

再任用職員(令和元年度)

再任用職員については、非再任用職員とは異なり、勤勉手当基礎額に下記を掛け算して得た額が上限になります。

職員区分6月12月
一般職員?/10045/100
特定管理職員?/10055/100
指定職職員?/10055/100

上記のとおり。

各種手当を加味しないのが、非再任用職員との違いですね。

ちゃーりー
ちゃーりー
勤勉手当の解説は以上となります。ここで再度、勤勉手当の計算式を紹介します。

勤勉手当=(勤勉手当基礎額)×(期間率)×(成績率)
※上限額=(勤勉手当基礎額)+(扶養手当)+(地域手当)+(広域異動手当)+(研究員調整手当)×(期別支給割合)

上記のとおり。

地方公務員のボーナス計算式

続いて、地方公務員のボーナス計算式について見ていきます。

冒頭で書いたとおり、地方公務員のボーナス計算式は、各団体によって異なります。なので、共通の計算式を紹介するのは不可能です。

とはいえ、それだけだと不親切なので、各団体の計算式を調べる方法を本記事では紹介します。

「厳密な計算式はいらない!大体の数字が分かればいい!」という方は、国家公務員の計算式を参照すればオッケーです。

なぜなら、地方公共団体の多くは、国の基準をベースに条例を制定するからです。

したがって、国と地方で計算式が大きく違うことはないです。

地方公務員のボーナス計算式の調べ方

結論としては、ネット検索で下記の条例・規則を調べればオッケーです。

  1. 一般職の職員の給与に関する条例
  2. 期末手当及び勤勉手当に関する規則

上記のとおり。

団体によっては多少、名称が異なる場合もありますが、基本的には上記でオッケー。

例えば、千葉県庁のボーナスを調べたければ、下記のキーワードを入力すれば良いです。

  • 「千葉県 一般職の職員の給与に関する条例」
  • 「千葉県 期末手当及び勤勉手当に関する規則」

上記のとおり。

なお、「〜庁」や「〜役所」は正式名称ではないので、「〜県」「〜市」と検索した方が、検索した時にヒットする可能性が高いです。

各官公庁の名称について詳しく知りたい方は、今すぐ下記の記事をどうぞ。

市役所の敬称は「御社・貴社」ではなく「御市・貴市」です|理由も解説します 6年間、市役所で働いていました。市役所の一般常識には自信があります。 今回は、公務員試験に挑戦中の方に向けて、「市役所...

公務員のボーナス計算式まとめ

本記事の内容を下記にまとめます。

国家公務員のボーナス計算式

  1. 期末手当=(期末手当基礎額)×(期別支給割合)×(在職期間別割合)
  2. 勤勉手当=(勤勉手当基礎額)×(期間率)×(成績率)
    ※上限額=(勤勉手当基礎額)+(扶養手当)+(地域手当)+(広域異動手当)+(研究員調整手当)×(期別支給割合)

地方公務員のボーナス計算式の調べ方

下記の条例・規則をネット検索する。

  1. 一般職の職員の給与に関する条例
  2. 期末手当及び勤勉手当に関する規則
ちゃーりー
ちゃーりー
最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

公務員のボーナスについて、もっと詳しく知りたい方は、今すぐコチラの記事をどうぞ。

【2020】公務員のボーナスは何ヶ月分もらえる?元市職員が解説。公務員のボーナスが何ヶ月分支給されるか知りたいですか?本記事では、国家公務員・地方公務員のボーナス支給月数を紹介するとともに、過去のボーナス支給月数について紹介します。現役公務員や公務員志望者はぜひご覧ください。...

https://www.toraneko-blog.xyz/komuin-bonus-when/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です