公務員の年収

【20代公務員必見】公務員の給料は安くない!辞めるのは時期尚早!

こんにちは、元公務員のちゃーりーです。いつも本サイトをご覧いただきありがとうございます。

今回のテーマは、公務員の給料。

最近、給料が安いことを理由に公務員を辞める人が増えてきました。しかし、給料の安さを理由に辞めるは止めたほうが良いです。なぜなら、公務員の給料は安くないから。

この記事を読むことで、公務員の給料の多少を知ることができます。

給料が安いと感じる20代公務員はぜひお読みください。

公務員の給料は安くない

結論として、公務員の給料は安くないです。その根拠は、公務員の給料の決まり方によります。皆さんは、公務員の給料を決まり方を、厳密に答えることができますか?おそらく多く公務員が答えられないと思います・・・。かくいう私も現役時代は答えることができませんでした。なので、まずは公務員の給料の決まり方を知ってください。

公務員の給料は規模50人以上の民間企業の平均値

結論として、公務員の給料は、規模50人以上の民間企業の平均値によって決まります。毎年、人事院(地方の場合は人事委員会)が民間企業を実地調査し、4月分の給料を比較。その差額が0.05%以上開くと、民間企業に合わせる形で公務員の給料が決まります。

引用元:令和元年人事院勧告

民間企業には、給料が多い会社もあれば、少ない会社もあります。その平均値が採用されているわけです。それも、規模50人以上です。

一般に、規模50人未満より規模50人以上の方が、各種手当も充実していますから、規模50人以上に限定することによるデメリットは少ないです。

なので、公務員の給料は、民間企業の平均値より、少し上の層に該当すると言えます。にも関わらず、「公務員の給料は低い」と主張するのは間違いです。

公務員の給料が安いのは若いうちだけ

「公務員の給料は安い」と主張する人は、20〜30代の給料を見ているのではないでしょうか。確かに公務員の20〜30代の給料は低いです。手当が少ない人だと、生活が苦しくなることもあります。しかし、その額が一生続くわけではないんです。なぜなら、公務員の給料は、経験年数に比例して増加するから。

公務員の給料は経験年数によって増える

先ほど公務員の給料は、民間企業の平均より少し多いものが貰えると説明しましたが、民間企業の平均給料は年齢とともに右肩上がりとなります。なので、公務員の給料も年齢とともに、右肩上がりとなります。事実、公務員の給料を決める「俸給表」を見ると、経験年数が増えるほど給料が増える仕組みになっています。

公務員の年収は、定年まで働くと2倍になる

それでも納得いかないという人は、公務員の平均年収を見るのが良いです。下記は、地方公務員の年収の推移を表したものですが、年齢とともに年収が増加することがわかります。20代前半と50代後半を比較すると、その差はなんと2倍です。なので、公務員の給料が安いのは最初だけ。粘り強く頑張れば、年齢とともに給料が増加します。

地方公務員の平均年収を「平成30年4月1日地方公務員給与実態調査結果」の結果をもとに推計した結果(一般行政職)
年齢区分平均年収
18歳・19歳約343万円
20〜23歳約391万円
24〜27歳約433万円
28〜31歳約481万円
32〜35歳約535万円
36〜39歳約601万円
40〜43歳約667万円
44〜47歳約715万円
48〜51歳約748万円
52〜55歳約775万円
56〜59歳約796万円

転職活動をすれば公務員がいかに恵まれてるか分かる

ここまで、給料の決まり方、給料の推移、市場が見る公務員の給料をお見せしてきましたが、それでも「公務員の給料が安い」という感覚が捨てられない方は、一度転職活動をしてみるのがいいです。いかに公務員の給料が恵まれているか分かります。

この記事を書いてる私も、公務員からの転職活動を行った経験があります。実際に面接を受けてみると驚きますよ。公務員の給料の2/3くらいになります。もちろん、ボーナスは4.5ヶ月分も貰えるわけないですし、住居手当や通勤手当も公務員ほど充実していません。私は当時すでに妻子がおりましたので、「2/3なんて絶対無理!」ということで転職活動を挫折しました。

この経験から、条件面を理由に公務員を辞めるのはいかに愚かなことかを学ぶことができました。嘘だと思う人は、実際にチャレンジしてみてください。

どうしても給料を増やしたいのなら、公務員間転職がおすすめ

とはいえ、今給料が安いと悩んでいる事実は変わりませんよね。それなら、公務員間転職がおすすめです。公務員の給料は一律同じと思っている公務員も多いですが、実は一律じゃないです。

地域手当の有無で年収に100万差が生まれることも

例えば、地域手当。地域手当は民間賃金の高い地域に支給される手当ですが、支給されない自治体もあれば、給料の20%支給される自治体もあります。給料が30万の公務員なら、それだけで月6万円、収入に差が生じるわけです。地域手当はボーナスの計算にも加算されますから、ボーナスが4ヶ月分とすれば年間で96万円差が生じることになります。年収100万変わるわけですよ。やばいですね。

ボーナスの支給月数の違いで年収に24万差が生まれることも

またボーナスにも差があります。2019年4月時点だと、4.6ヶ月分支給される自治体もあれば、4.0ヶ月分しか支給されない自治体もあります。こちらも、月給が30万の公務員なら、それだけで24万円収入に差が生じるわけです。

【2020】公務員のボーナスは何ヶ月分もらえる?元公務員が解説。公務員のボーナスが何ヶ月分支給されるか知りたいですか?本記事では、国家公務員・地方公務員のボーナス支給月数を紹介するとともに、過去のボーナス支給月数について紹介します。現役公務員や公務員志望者はぜひご覧ください。...

公務員の年収ランキング

じゃあ、「どこの団体の給料が多いんだよ」という質問があるかもなので、最後に公務員の年収ランキング(2019年4月1日時点)を掲載して終了します。

都道府県庁の年収ランキング

トップ5

順位都道府県名平均年齢平均年収
1東京都41.7歳721.0万円
2大阪府42.3歳696.0万円
3愛知県41.7歳695.2万円
4神奈川県43.3歳693.8万円
5三重県44.6歳692.3万円

ワースト5

順位都道府県名平均年齢平均年収
1沖縄県41.1歳589.1万円
2青森県42.9歳600.7万円
3高知県42.9歳607.7万円
4鳥取県44.2歳607.8万円
5宮崎県43.2歳614.6万円

都道府県庁ランキングの完全版は以下をご覧ください。

【2019】公務員の年収ランキング(都道府県) いつも本サイトをご覧いただき、ありがとうございます。とても感謝しています。 今回のテーマは、公務員の年収ランキング。都道府...

政令指定都市の年収ランキング

トップ5

順位都道府県名平均年齢平均年収
1川崎市41.5歳736.0万円
2さいたま市40.1歳735.7万円
3神戸市42.4歳733.8万円
4大阪市43.4歳724.6万円
5名古屋市41.1歳724.4万円

ワースト5

順位都道府県名平均年齢平均年収
1福岡市40.0歳673.3万円
2熊本市42.3歳658.4万円
3浜松市42.5歳643.2万円
4新潟市41.7歳633.2万円
5札幌市40.3歳613.0万円

市区町村の年収ランキング

トップ5

順位都道府県名平均年齢平均年収
1浦安市(千葉県)43.5歳765.3万円
2厚木市(神奈川県)43.2歳764.6万円
3印西市(千葉県)43.7歳757.0万円
4豊田市(愛知県)41.5歳753.8万円
5武蔵野市(東京都)41.4歳749.8万円

ワースト5

順位都道府県名平均年齢平均年収
1青ヶ島村(東京都)42.3歳441.0万円
2小菅村(山梨県)33.3歳441.6万円
3新庄村(岡山県)35.1歳450.2万円
4大鰐町(青森県)37.7歳457.2万円
5音威子府村(北海道)38.5歳459.8万円

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です