公務員の生活

公務員から公務員の転職は成功しやすい?2つの視点から解説します。

ちゃーりー
ちゃーりー
こんにちは、ちゃーりーです

6年間、市役所で働いていました。

過去に、地方公務員から地方公務員の転職も経験しています。

今回は、現職の公務員に向けて、「公務員から公務員の転職は成功しやすいか」というテーマでお話していきます。

是非、ご一読くださいませ。

結論:公務員から公務員の転職は成功しやすい

結論からいうと、公務員から公務員の転職は成功しやすいです。

転職しやすい理由は、下記の2つです。

  • 一度は公務員試験に合格しているから
  • 公務員としての実務経験があるから

上記について、もう少し詳しく見ていきますね。

一度は公務員試験に合格しているから

公務員からの転職者の場合、一度は公務員試験に合格しています。

このことは、次の公務員試験において有利に働きます。

なぜなら、他の組織で必要とされたことが、事実として分かるからです。

他の組織で合格してるということは、何かしら光るものがあったのでしょう。

公務員試験の合格実績が全くない人より、合格実績がある人の方が、安心して採用できますよね。

したがって、過去の、公務員試験の合格実績は、次の試験で有利に働くと言えるでしょう。

公務員としての実務経験があるから

公務員からの転職者の場合、公務員としての実務経験があります。

このことも、次の公務員試験に有利に働きます。

なぜなら、社会人経験者の採用は、能力の有無によって決まるからです。

新卒の場合は、育成する期間が十分にあるので、その人の素質で合否が決まることが多いです。

一方、社会人経験者は、育成する時間が十分に取れないので、その人の能力で合否で決まることが多いです。

言うまでもなく、公務員試験で評価される能力は、公務員の、日々の業務をこなす能力なので、実務経験者はその能力を一定以上有していると判断できます。

したがって、公務員としての実務経験は、次の公務員試験に有利に働くと言えます。

とらねこ
とらねこ
ここで一度、まとめるニャ〜

公務員から公務員の転職は成功しやすい。理由は下記のとおり。

  • 一度は公務員試験に合格しているから
  • 公務員としての実務経験があるから

とは言え、失敗しやすい場合もある

公務員から公務員は転職しやすいと言いましたが、一部例外があります。

例えば、前職で下記を理由に仕事を辞めたり、病気休暇を利用していたことを、面接で伝えてしまった場合です。

  • 人間関係がうまくいかなかった
  • 組織風土に馴染めなかった
  • 住民からのクレームに耐えきれなかった

などなど。

なぜかと言うと、転職後も同様の理由で辞めたり、休んだりする可能性があるからです。

私なら、下記の目で受験生を見てしまいます。

1回あることは、2回目もあるでしょう。

人間関係がうまくいかないことは、どこの組織でもあります。

組織風土は、同業なので、部分的には違いがあれど、おおよそは同じでしょう。

住民からのクレームはどこも大変ですよね・・・😇

したがって、前職で理由から仕事を辞めたり、病気休暇を利用していた場合、その理由を包み隠さず言うのはリスクが高いと言えるでしょう。

とらねこ(ペルソナ)
とらねこ(ペルソナ)
余計なことは、言わない方がいいニャね〜

その他、公務員から公務員に転職する際の困難について、下記の記事でまとめています。

興味のある方はご一読ください。

今回のまとめ

今回の内容を下記にまとめます。

公務員から公務員の転職は成功しやすい。理由は下記のとおり。

  • 一度は公務員試験に合格しているから
  • 公務員としての実務経験があるから

ただし、失敗しやすい場合もある。具体例は下記のとおり。

  • 人間関係や組織風土を理由に、退職したり、病気休暇を利用したりした場合

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です