公務員のボーナス

事務次官の年収・ボーナスはいくら?元市職員が徹底解説します。

こんにちは、ちゃーりーです。

今回は、国家公務員総合職の最高役職である、事務次官の年収について見ていこうと思います。

事務次官の年収

事務次官の年収は、内閣官房人事局が公表した「国家公務員の給与」で確認することができます。

結論として、事務次官の年収は2337万円です。月収は141万円。

年収額から予想できる手取り年収は1450万円となります。

これらを表にしたものは下記のとおり。

役職名月収年収手取り年収
事務次官141万円2337万円1450万円

事務次官のボーナス

事務次官のボーナスは、令和元年度で3.35ヶ月分です。

先ほどの月収141万円をベースに計算すると、事務次官のボーナスは472万円となります。

ただし、勤務成績によっては最大5.3ヶ月分支給されるので、その場合のボーナス年額は747万円となります。

役職名月収ボーナス支給月数ボーナス年額
事務次官141万円3.35ヶ月472万円
事務次官(勤務成績最高時)141万円5.3ヶ月747万円

本記事まとめ

本記事の内容を、以下にまとめます。

  • 事務次官のモデル月収は141万円。
  • 事務次官のモデル年収は2337万円
  • 事務次官のモデル年収にもとづき試算した手取り年収は1450万円。
  • 事務次官のボーナスは勤務成績におうじて3.35〜5.3ヶ月分支給され、その額は472〜747万円。
ちゃーりー
ちゃーりー
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です